Pocket

おはようございます。
昨日昼にスマホを忘れて
待ち合わせに向かってしまいました。
途中で気がついた時にはかなり焦りましたが
自分の心理状態をチェックしてみたら
”依存状態”ではなくてちょっとホッとしました。

 

さて、ネットについてのお話しです。

ネットについて子どもにも
知っておいてほしいことは
使い方の種類以外にもどんなことがあるでしょうか

 

私はデータ量やお金の仕組みについても
子どもが知っておいたほうが良いでしょう。

細かな料金体系などは
しょっちゅう変りますが

今子どもが使ってる仕組みは
ざっくりとでも教えておくのがオススメです。

自分のスマホの使い方のポイントを
理解しておく方が良いでしょう。

 

ネットを使用する時には
3種類の「買う」がありますよね。

(1)スマホ・パソコンなどの機械

(2)通話料・通信料

(3)アプリ/物/情報

 

(1)スマホ、タブレットは
小さいですが高性能で
安価なノートパソコンより高い値段だったりします。

子どもが知っている他のものと比べて
値段をイメージできるといいですね

なくしたり壊したりしたらどうするか
子どもと話しておくのもいいでしょう

 

(2)通話料は基本的には
話す時間とお互いの距離によって決まります。

今プランがいっぱいあるので
家族以外だとどうなるとか
時間帯でどうなるとか細かくなってますね。

子どもの使い方によって
イメージできるように伝えておきましょう。

 

通信料は基本見ただけかかりますが
見るものによっても重さが違いますね。

文字<写真<音楽<映像の順に
同じ時間見ても高くなってきます。

LINEの電話やビデオ電話も通信料がかかります。

 

契約の仕方や無料ワイファイの使用等で
実際に支払う仕組みは違っていても
基本型を知っておくと役立ちます。

お家で使い放題プランがあったとしても
使った人がその場で支払わなくても
お家でこれくらい月払っていることは
使い始めには「仕組み」として伝えておくのがおすすめです。

 

(3)アプリ、物、情報を買うことも
ネットを通して簡単にできますね。

この場合物だと着払い、銀行振込など
実際にお金を払うということがわかりやすいのですが
クレジットカードで簡単に支払うことになると
「今支払った」という感覚が
イメージできずらくなります。

「買う」=お金を支払う
ということがわかることが大事です。

何かを買った場合の支払い方法も
子どもと予め決めておくといいですね。

 

また、クレジットカード情報は
くれぐれも慎重に扱うことが大事ですね。

 

そして、自分の個人情報
電話番号や住所、メアド、ラインIDなどを
簡単に入力したり教えないことも
とても重要なことですね。

知らないメールを簡単に開かないことや
怪しいサイトを見たりクリックしないことは
お金と絡めてもしっかり伝えておきましょう。

どうしてもH なサイトや画像を
見たくなる年頃でもあるので
そのリスクについてもお金の面からも
しっかり伝えておきましょう。

 

追伸:
スマホ依存でなくても
誰かと連絡しなくてはならないことや
時刻や電車の乗り方について調べたり
旦那の電話番号を思い出せなかったりと
色々スマホが手元になくて
不便だったことが沢山ありました。
かなり日常で細々と頼っているのを実感です 🙄 

 

FINEコミュニケーション体験講座

 

今週のテーマのブログです
No.1 ネットの世界に漕ぎだす
No.2 ネットの3つの使い方

No.4 ネット使用の3つのリスク
No.5 ネットコミュニケーションの注意点
No.6 想像できないくらい悪いやつも世の中には居る、ということ

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい