ブログ

大事なモチベーション


おはようございます。
昨晩は夫婦で食事をしてきました。

 

さて、思春期の子どもに
「ちゃんとやるって言ったじゃない」と
言いたくなる時のお話しです。

 

みどりさん
「ふむふむ・・なるほど〜

子どもがちゃんとやると言ったのに
こちらの期待通りじゃなかった時って
つい頭にきて
”あの言葉は本気じゃなかったの?”と
言いたくなってしまいます。

でも、”やる気”だけじゃなく
チェックするポイントが
色々あるっていうことですね〜  (^^;)」


「そうですね 🙂 

こういう状況では、子どもも
何が課題なのかや
次はどうしたら良いのかが
わかっていなくて
実は困っているということもあります。

また子ども自身も
うまくやれなかったことで
がっかりしているかもしれませんね」

みどりさん
「あ〜、そうですね〜 😯 

いきなり
”ちゃんとやるって言ったじゃない”って
言いそうでした。
アブナイ、アブナイ 😆 

さてうちの子の場合には
何が起きているのかしら・・」


「とりあえず子どもが
”ちゃんとやる”と言った時には
やる気はあったのだと思います。

やる気はとても大事なモチベーションで
何かをするのに欠かせないエネルギーです。

これがないと
”馬を水辺まで連れては行けても
水を飲ませられない”んです。

モチベーションがあることは
すごく大事なことなんです」

みどりさん
「そうですね。

ここで
”ちゃんとやるって言ったじゃない”って
責めてしまうと
せっかくあったモチベーションを
潰しちゃうことになりかねませんね。」


「そうなんです。

まずは動こうという意思
エネルギーはあったということは
大事にしていきたいところですね。

ただ、エネルギーがたくさんあっても

それが向かう方向は合っているのか
分裂していないか
うまく使える条件が整っているか
うまい方法で使えているか

それらがクリアになっていないと
良い結果につながらないということが起こります」

みどりさん
「そうですね。

せっかくやる気があるのに
もったいないですね 😯 」


「そうなんです。

別の言い方にしてみると

せっかくやる気があるのだから
課題ポイントをクリアにすれば
前に進んでいく状態なんです」

みどりさん
「あ、そうですね!」


「これらのポイントは
どの順番でチェックしていってもOKです。

その子、その時の状況で
気になるところから
チェックしてみてください (^o^)」

 

追伸:
フルコースとワイン4杯いただきました
酒田は海も山もあり、水もいいので
食べるもの全てがとにかくとても美味しいです。

 

今週のテーマのブログです
No.1 ちゃんとやるって言ったのに
No.2 なんで責められるの?
No.3 やりたくない子も仲間です
No.4 足りないのは根性?睡眠?
No.5 ほかのやり方もあるかな

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP