ブログ

子どもがいつまでも同じ失敗を繰り返している時の関わり方

Pocket

こんにちは。
思春期親子コミュニケーション10日間セミナーに
ご参加いただきました方からの声を
こちらにアップしました.

 

 

先週のブログ
「見守る」のか「口を出す」のか
についてのお話には
感想やご質問をたくさんいただきました。
ありがとうございます (^.^)

 

子どものしていることに
口を出すタイミングの見極めについては
多くの方が迷われるようです。

(そこで迷われる、という方は
お子さんの自主性をしっかり
尊重されている方ですね 😀 )

 

今週は頂いたご質問にもお答えしつつ
「見守る」と「対話する」について
さらに具体的にお話していきたいと思います。

 

みどりさん
『子どもたちを”見守ろう”と思っていても
もう口を出すべきか?と
迷うことがあります。

いつか子どもが
自分の失敗体験から学んで
うまいやり方をするようにならないかな、
と我慢して見守っていても
いつまでも同じ失敗を
くりかえしているような時は
どうしたらいいのか、と迷います』


『きっとそこが一番迷うところですね』

みどりさん
先週のお話だと
そういう時にはまず
子どもの話を聞いてみる、でしたよね。

その失敗について
子どもがどう思っているのかや
それをやり続けている
子どもなりの”理由”について
まず尋ねてみるんでしたね』


『はい、私はそれをオススメしています 😀 

子どもが親から見ての”失敗”を
繰り返している時にも
子どもなりのそうしている”理由”が
あると思っています。

今まで会ってきた子は全員
その子なりの”理由”が
たとえ理屈に合ってなくても

また、自分でうまく言えなくても
何かしらは必ずありました。

 

誰でも、自分なりの言い分を
ちゃんと聞いてくれなくて
いきなり”断定”されたら
そのことだけでムッとしますよね。

たとえ自分が間違っていたとしても
”言いたいこと”や”気持ち”を
言うチャンスがもらえず責められれば

相手にも腹が立つし
自分の内側にもモヤモヤがたまります。

 

特に言葉での表現が得意でない子は
自分の中に溜まりやすいです。

人にNOと言えない子や
優しい子もそうなりがちです。

 

そうなると、溜まったもやもやが
不健康な行為や病気として
自分でも知らないうちに現れていることが
本当によくあるのです。』

みどりさん
『う〜ん。
たしかに、腹を立てている相手から
たとえ正しいことを言われても
ちゃんと聞く気にはならないですよね』


『そうですね。

でも、子どもに穏やかに
ただそれをやっている理由や
それについてどう思っているのかを
聞くだけならば
何も対立にはなりません。

つまり、対立にならないのであれば
その”問いかけ”は
大人が
”どうしてこの子はこれをやっているのだろう?”
と思った時に

いつでも尋ねれば良いのです』

みどりさん
『なるほど。
子どもを変えなくちゃという意識が
強かったので
いつ言ったら良いのかな、とか
喧嘩しないで言えるかな、とか

気にしてたのかもしれないですね〜』

 

追伸:
私のセミナーで大事にしていることは
「必ず日常での変化がでてくる」
ということです。
”気づき”だけではもったいない!
それを日常で具体的にできるように
やってみたくなるように、を大切にしています。
それからモチロン、楽しさも!(^o^)

 

驚きのセルフケア「リセット」を学んでみませんか

 

今週のテーマのブログです
No.2 子どもが自分で解決することを待つ
No.3 「自然の結末」からの学びは放っておいてもできますか?
No.4
「論理的結末」に切り替える場合もあります
No.5
気を引くためにまずいことをしています
No.6
いくら待っても変わらない時には

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP