おはようございます。
今朝は雨天決行で
愛犬と散歩をしてきました。
愛犬は昨日シャンプーに行ったばかりなのに
水たまりに突入しておりましたわ 😯

 

 

goodjobさて、『学校に行けない理由』が
わからないとしても大丈夫、というお話です。

 

お子さんがよりイキイキとなって
楽しく学校にも行けるようになるために
おうちで是非やっていただきたいことの
ひとつ目は、お子さんが
自分の感情・感覚に触れる機会を
増やしていただくことでした。

 

「楽しいことがある」と感じられれば
努力無くして行動ができます。

待ちわびた初デートの日には
朝思い出しただけで飛び起きた・・
なんてことはありませんでしたか?

 

『楽しいこと』『嬉しいこと』
『好きなこと』
そんなことについて話をする機会を
増やしてみてください (^^)

 

そして、もう一つは
フタを開けても何が出てきたとしても
お父さん・お母さんが
応援してくれてる、見守ってくれている
ということを
伝えていただくことなんです。

 

震える多くの場合子どもは
フタの中には恐ろしいものが
入っていると感じています。

または、何があるかわからないから
開けるのが嫌、という感じです。

 

もちろんコーチが、その子には
それに向かう勇気があることを
その子に思い出してもらうのですが
なんといっても一番安心感と勇気を
与えられるのはお父さん・お母さんです。

 

小さいころに、初めて
知らない友達と遊ぶ時に
最初はお父さん・お母さんから
『大丈夫』と言ってもらって
遊べたことはありませんでしたか?

何かのテストに向かう時に
『大丈夫だよ』と言われて
子どもが頷いていたことは?

 

思い出してみたら、お父さん・お母さんが
『大丈夫』という気持ちでいてくれて
お子さんが小さいことでもチャレンジをして
乗り越えてきたことというのが
た~くさん有ることに気づかれるでしょう。

 

サポートする思春期になって、何かと
親と距離を取りたがるようになっても
やっぱり一番の安心の源が
お父さん・お母さんなのは変わりません。

たまに憎まれ口をきいててもそうなんです。

 

伝えていただきたいのは
『フタを開けても大丈夫』っていう感じ
『いろいろな感情を感じても大丈夫』
『何があっても大丈夫』
そんな、子どもをまるっと抱えるような
安心感です。

 

何かにチャレンジしようとしている時に
そばでハラハラしている人がいたら
自分で落ち着こうとしても
難しくなってしまいます。

是非お子さんの力を信じて
『大丈夫』とどっしりしていてください。

何かの言葉より
「落ち着いていどっしりしていること」が大事です。

 

具体的に何か起きたとしても
コーチがちゃんとついています。
(それに今まで大変な何か
 が起きたことはありません 😉 )
本当に『案じるより産むが易し』なんですよ~

 

ワクワクお父さんお母さんが
子どもがイキイキと楽しく
学校に行けたらどんなことが起こるかな~と
楽しい未来を想像しながら
お子さんの力を信じていてくださることで
それは充分伝わります。
むしろそちらのほうが重要です。

 

どーしてもなにかと心配でしょうがない
というお父さん・お母さんは
こっそりコーチにご相談ください。
ちゃんと『大丈夫』な感覚を
思い出すことができますから!

 

 

追伸:
昨日シャンプーから帰った時には
バラの香りがしていた愛犬です。
雨に濡れて乾かされたら
はちみつの匂いになっています。
何が起きているんでしょう (@@)

 

今週のテーマのブログです
No.1  なぜ学校に行けないの?

No.2 学校に行けない理由がわからない
No.3 言葉で言えなくても大丈夫
No.4 つらすぎて見れない
No.5 感じていることを教えて

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい