ブログ

思春期の子どもとの関わり方に迷います

Pocket

こんばんは。
昨日は運動の専門家の方に
リセットを体験していただきました。

 

さて、今週は小学生と中学生の
お母さんであるみどりさんとお話しています。

 

みどりさん
『ママ友と話していて
思春期の子育てで一番迷うのは
本人の好きなようにやらせたらいいのか
親として何か言ったほうがいいのかの
見極めだね~、と
よく話題になるんです』


『たしかに、それは
迷うところですよね』

みどりさん
『ゆくゆくは自立した大人に
なって欲しいので
なるべく本人のやり方に
口を出さないように・・・と
思ってはいるのですが。

見ていてハラハラすることもあります。

そんな時にはつい
口を出してしまうのですが
子どもには嫌がられることが多いです』


『(^o^) 自立した大人って
どんなイメージですか?』

みどりさん
『そうですね~

色々な選択を自分で考えて
うまくやっていける人ですかね・・・

経済的にも社会的にも
力をつけてほしいです』

 

ここでちょっと解説です。

 

自立した大人のイメージは
色々あると思います。

そして私は
これからの時代を生きて行くには
やはり「選択する力」が
とても重要になると思います。

 

とにかく全てのことにおいて
「これなら安心」と言えるものが
なくなってきていますね。

変化が早いので
今まで安定していたものも
あてにできなくなってきました。

「定番」がなくなってきているのです。

 

全てのことに多くの種類があるので
何かを「選ぶ力」は
どんどん重要になってきています。

 

例えば掃除機を一台買うにも

排気の仕方
重さ
ゴミの集め方
コード付きか否か
ダニとり機能の有り無し
お布団専用機能の有り無し

お値段
メーカー
耐久性
使う頻度

などなど、沢山選ぶことがありますね。

 

口コミを見ようとしても

*注目ランキング
*売れ筋ランキング
*満足度ランキング

どれを参考にしたらいいのかを
まず決めなくちゃなりません 😯 

「選ぶ力」が問われちゃうのです。

 

ではそんな
「選ぶ力」を育てるためにも

どのように思春期の子どもに
関わっていったらいいのでしょう?

今週はそんなポイントについて
お話していきます (^^)/

 

追伸:
運動の専門家なので
終わってから念入りにストレッチをされて
「たしかに大腰筋がゆるんでいる」
とのコメントをいただきました (^^)

 

今週のテーマのブログです
No.2 つい心配で口出しをする
No.3 思春期はもう大人だから?
No.4 子どもにどう関わったら良いのかわからない
No.5 子どもを伸ばす話の聞き方
No.6
子どもの気づきを生み出すコミュニケーション

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい

PAGETOP