ブログ

思春期に家庭内ルールは必要?


こんにちは。
今朝東京に帰ってきました。
50分位のフライトなのであっという間です。

 

今日はみどりさんとお会いしました。
みどりさんは小学生と中学生の
子育て中の優しいお母さんです。

 

みどりさん
「こんにちは、佐藤さん!
さっきまでママ友達とおしゃべりしてました」


「みどりさん、こんにちは。
楽しそうですね」

みどりさん
「えへ、おしゃべりは楽しいです 😀 

あ、そういえば
そこでみんなで話していて
気になったことがあったんです」


「気になったことですか?」

みどりさん
「各家庭でのルールってありますよね。

それが本当に
そこのうちによって様々だなと思ったんです。

沢山ルールがあるうちもあれば
あまりルールがないうちもあります。

また、厳しく守らせているうちも
子どもが自分からよく守っているうちもあるようです」


「なるほど、そうですね」

みどりさん
「私も、子ども達が思春期になったので
それぞれ
自分で考えさせて
やらせた方が
いいかなあという思いもあります。

でもルールも必要ではあるし
守らせることも大事かなとも思うんです。

それでなんだか迷っちゃって・・

迷いながらだと
ルールもあやふやになりそうで
ちょっと心配です 🙁 

 

家庭内ルールについて
どんな風に考えていけばいいでしょう?

何かアイデアはありますか?」

 

ここでちょっと解説です (^^)

 

家庭内ルールについては
そのご家庭の考えや状況に合わせて
決めて行くのが一番だと思います。

でも、そのお答えだけだと
なんだか力になれそうにないので
私なりの考えを
一つのアイデアとして
今週はお伝えしていきたいと思っています。

 

私は、家庭内ルールについては
3種類にわけてみるとわかりやすいかなと思っています。

 

生活ルール

仕事分担ルール

子どもルール

 

生活ルールは二人以上の人が
一緒に暮らす時には
必要になる生活上のルールです。

仕事分担ルールは
その生活の中での仕事を分担するルールです。

子どもルールは
本来子どもの課題であることに
親子でルールを決める、というものです。

 

そのうち
生活ルールと仕事分担ルールは

家庭内で必ずあったほうが良いと思っています。

そして子どもルールは
その時の
その子の状況に合わせて
必要ならば作ったほうが良いものだと思っています。

 

明日以降、また詳しく
お話していきますね (^^)/

 

追伸:
昨日免許更新をしてきました。
いつも講義が退屈で(ごめんなさい)
じっと座っているのが苦痛だったのですが
昨日はとても話しの上手な方だったので
あっという間に感じました。
時間の感じ方って面白いですね〜

 

今週のテーマのブログです
No.2 愛とルールのバランスのこまめな調整
No.3 ルールはなぜ必要なの?
No.4 子どもルールは最小限に
No.5 ルールについても好みがあります
No.6 大人もルールを守りましょう

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP