ブログ

思春期子育てをラクにする!高校時代の傾向と対策☆

Pocket

おはようございます。
最近「朝トマト」にはまってます☆
毎日一個食べてます 🙂 

 

さて、思春期の年代別傾向と対策で
思春期子育てをラクにしよう!というお話です。

 

今日は高校時代のお話ですね。

この時期の子育てのポイントは
より一人の大人として扱うです。

まだまだ未熟なところもありますが
自分の考えや気持ちを
言葉で表現する力を育てるためにも
子どもなりの意見や考えを
引き出して考えさせる
ことが大事です 😀 

自分の考えを言葉にするのは
イマドキでは特に、大学受験や
その後の人生に直結する力です (^_-)

 

高校時代は
その前の中学時代の過ごし方、
中学時代に体験したことと
それについて考えたことを元に始まります。

 

ここで嬉しいお知らせです!

思春期の脳は15歳位から
頭=理性的に考えたり
人の立場や気持ちに共感する部分が
めきめきと頭角を現してくるんです 😀 

それで中学時代の体験や考えを
新しい日常の中で
「これでいいのかな」と
客観的に見直すことが
できるようになってきます!

日常の会話でも
理屈がだんだん通るようになってきて
ほっとされるお母さん達も多いようです 😀 

もし混沌の中学時代に
「自分はダメだ」とか
「世の中は敵ばっかり」などの
苦しい考えを持ってしまってても
この時期はリフォームするチャンスにもなります \(^^)/

 

いろいろな体験をしながら
「この考えは通用するのか?」と
試行錯誤しつつ
自分なりの考え方を育てていくのが高校時代です。

中学時代よりも
それなりに筋の通った

自分の考えや言い分を持ってるんですね。

なので、それを認めながらも
上手に育てていくことで
子どもの学びと考え方が
自立できるレベルまで育つのをサポートしていきます。

 

その先の自分の進路についても
自分で考えて選ぶ力が大事ですね。

選ぶ判断材料を持つためにも
様々な体験をする
色々な情報に触れる
ことも大事です。

 

子育てする側としては
子どもの「やってみたい」を応援したり

日々の生活の中で
「それはどうしてなのかな?」
という問いを
さりげなく
投げかけていく
のがオススメです。

 

誰でも自分の頭のなかで
言葉がぐるぐるしている状態は
「考えている」のではないんですね。

ただ「思い出している」だけなんです:-( 

 

「考えて進む」ためには
思い出してることを整理して
まとめ直すことが大事です。

そのために人に話すことは
とても役立つんですね♡

考える力と
自分とコミュニケーションする力

他人とコミュニケーションする力は
皆お互いに影響しあって育ちます。

 

子どもの考えを引き出して
親が解決するのではなく

子ども自身の気づきを促していきましょう。

この時期は関わり次第で
子どもの考える力とコミュニケーション力がどんどん育ちます。

是非意識してやってみてくださいね 😀 

 

ちなみにコーチングは
それを専門家としての技術でするものです。

その技術でサポートすると
子どもの考える力と
コミュニケーション力が驚くほど育ちます。

今まで出会った何百人の子さんたちは
親御さんたちが驚くほどの
成長を見せてくれました 😀 

 

成長可能性に満ちた時期です!
是非有効に過ごしたいですね (^o^)

 

追伸:
子どもの考えを育てて
生きる力をつける関わり方を
個別コーチングセミナーでお伝えしています。
おかげさまで多くの方から
楽く学べて役立つとご好評頂いてます。
(今までの事例とお客様の声)
お気軽にご活用ください:-D 

 

今週のテーマのブログです
① 思春期子育てをラクになる!思春期の年代別傾向と対策☆
わかってるとスッキリ!思春期子育てって何をすること?
思春期子育てをラクにする!小学生時代の傾向と対策☆
思春期子育てをラクにする!中学時代の傾向と対策☆

思春期子育てをラクにする!大学時代の傾向と対策☆

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP