ブログ

これで完成!子どもが嘘を手放す「仕上げ」

Pocket

おはようございます。
昨日はひさしぶりに
心と体の自己回帰法「リセット」の

開発者の方々にお会いしてきました!

 

さて、子どもが不必要な嘘を手放して
心軽やかに人とつながっていけるのを
応援しよう!というお話です。

 

「嘘t」をついてしまうのは
自分を守ったりよく見せたりするためや
他の人をかばったりするためですね。

ある意味
その場を乗り切ろうとする工夫とも言えるでしょう 🙄 

 

ただ、それは一・二度うまくいくと
簡単に癖になりやすいのが困りものです。

 

そして、一度ずつ嘘をつく度に
どんな人でも心の中に「罪悪感」がうまれます。

そして、それが溜まっていくと
それを感じないようにと
「自分の心にフタ」をすることになっていきます。

そのフタが大きくなると
自分の他の感情・・・
「好き」や「楽しい」もわからなくなってしまいます。

それって、人生の喜びがなくなってしまうことですよね
(゚д゚)!!!

 

それだけでなく
人に嘘をついたことで
人と自分の間に「壁」を作ってしまいます。

だって、嘘だとバレないように
これ以上近づいてほしくないですよね。

人と本心でつながれなくなってしまうのです。

 

また、嘘がバレてしまったら
その人からの「信用」を無くします。

相手からも「分厚い壁」を作られてしまいます 😥 

 

人とつながるのは人生の喜びです。

自分一人でだけでは何も喜べません。

やっぱり「嘘」は出来る限り手放したいですね。

 

ただ
子どもが「嘘」を手放そうと決心しても

今までのやりかた=嘘を
つい使ってしまうこともあります。

癖は「手放そう」という決心だけで
すぐに全面リリースできないこともあるんです。

 

なので
子どもと「嘘」を手放す話をしたら

しばらくは「嘘」を使っていないかを
見守っていきましょう。

 

「やらない」って言ったから
もう絶対にやらないよね、と
放って置くのではなく
子どもが「嘘」を手放していく過程を
見守って応援していきましょう。

芽が出たところで
その成長を
見守っている感じです。

 

もし「嘘」を見つけたら
「やらないって言ったじゃない 👿 」と
嘘つき呼ばわり?するのではなく

「ここ、違うよね」と淡々と指摘するので十分です。

そして子どもが心にフタをしないよう
「今どんな気持?」
「これからどうしたい?」と声をかければバッチリです。

 

「嘘では人とつながれない」
「自分が喜べない」がわかって

「嘘は見つかる」が体感できれば
子どもは自然に「嘘」とさよならできるでしょう

もう二度と「嘘」にとらわれることがないでしょう。

自分のことを嫌いになったり
人とつながれなくなるのからはおさらばです 😀 

 

それぞれのステップを
もっと詳しく知りたい時や
直接お子さんにサポート希望の時には
お気軽にご相談くださいね
お手伝いいたします。

 

子どもが嘘を手放せば
親として

子どものことを信頼できるので
色々なことを子どもの自主性に任せられますよね。

もっと安心して子どもを見守っていられます。

子どもも生きる力が育って
子育てがずっとラクになりますね
(^o^)/

 

追伸:
イマドキは子どもも大人も
本当にストレスが多いですよね。
久しぶりに大人数でリセットをしてみて
たった10分でびっくりするほど
心と身体がゆるみました。
やっぱ「リセット」最強だな~ 😳 

 

今週のテーマのブログです
No.1 嘘をつく子:思春期の子どもシリーズ
No.2 ご存知でしたか?子どもの嘘を責めると逆効果!
No.3 子どもが不必要な嘘を手放す5ステップ
No.4 子どもが嘘をつく時の4つの目的と対処法
No.5 子どもが嘘をつく時の4つの目的と対処法:その2

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP