ブログ

効果あり!性格じゃなくて行動を変えよう


こんにちは。
犬友に虫に刺された話をしたら
「そういえばうちの犬も
しっぽを刺されてたみたい。
痒くて噛んでたようで毛がはげちゃった」 😯 
わんちゃんもカユイのね

 

さて、あるお母さんのお話しです。

 

ご自分の「こうなりたい」に向かって
行動することを決めたお母さんが
次にしたこととは?

 

『何から手を付けていくのかを決めることでした。

 

それまでは子どものあれこれが
気になり過ぎてて
”子どもの全部”が失敗で
変えなくちゃならない気分でした。

 

でも、アタリマエかもしれないけど
できてることもあるってわかったので
じゃあ、
何を変えたら良いんだろうって
思えるようになったんです 🙂 

 

そして
「では一番に取り組むと良さそうな
具体的なことってなんでしょう?」

と言われた時に
そうか!具体的な一つのことから
取り組んでいけばいいんだとわかったんです。

これも目からウロコでした (^^)

 

今思えば不思議ですが
その時はなんでも”かたまり”でしか
考えられなくなってたようです。

”だらしないところ”とか
”勉強しない”とか・・

その”かたまり”ごと変えるって
考えてみたらすごく難しいですよね。

結局はひとつひとつの
行動を変えるっていうことですものね〜

 

でも、その時まで私は
とにかくなんとかしなくっちゃって
子どもを
”だらしないことはよくない”
”もっとちゃんとして!”って叱ってたんです。

今の状況をとにかく変えてほしいって
思いが強かったのかもしれないですね〜

 

でも、その言葉じゃあ
私の本当に言いたいことが
子どもにちゃんと伝わってたのかわからないですね 🙄

 

”だらしいない”と思ってしまう
子どもの具体的な行動に
ひとつひとつ取り組むことが
大事なんだとわかって驚きました」

 

ここでちょっと解説です (^^)

 

ずっと何かが気になってしまうと
私たちは”かたまり”で
考えすぎることがよくあります。

 

”意地悪”とか”だらしない”とか

”性格”の問題みたいになっちゃいますね。

 

でも、”だらしない”っていうかたまりは
具体的なできごとがいくつかあったのでできたものです。

そのかたまりを溶かすためには
ひとつひとつのできごとの
行動を変えていくことが鍵になります 😀

 

また、あれこれいっぺんに
子どもを叱るのも逆効果です。

NG行為に注意はしても
今集中して取り組むことは
ひとつにした方が
結局早く子どもの行動が変わっていきます。

 

何から取り組むのかは
「これが変わったら
全体への効果が大きい」ものか
「まずすぐに変えられること」の
どちらからがオススメです。

 

これは小さい子にお片付けを
身につけてもらう時と一緒ですね 😀 

一つ大きなものを片付けて
「すごくきれいになったね」と

片付けの効果を実感するのもいいですし

すぐに片付けられるものをやってみて
「できたね」を味わうのもいいですよね

 

お母さん
「そこで気になってる子どもの行動を
一緒に全部書き出してみました。

一人だったら大変ですが
サポートしてもらうと
”もうこれ以上はない”と思えるところまで
出し切ることが出来ましたね 🙂 

 

やってみたら
それだけですごくスッキリするし

どうでもいいことと
どうしても変えてほしいことが
あることにも気づきました。

全部変えなくてもいいって
わかったのでかなりほっとしましたね

 

もちろん、いっきに今すぐ
完全に変わってくれれば
本当は一番いいんですが (^^)

まあ、私もそんなこと
人から言われてもできないし
嫌ですもんね〜」

 

追伸:
虫除けの季節ですね〜
愛犬には『ヒバ水』が効果大です
まめにスプレーすることにします 🙂 

 

今週のテーマのブログです
No.1 ある「子育てに失敗した」お母さんがやってみたこと
No.2 「子育て失敗」をリセットする!シンプルなこと

No.4 「伝えたい」時こそ「話す」よりも「聞く」!
No.5 子どもの話を聞いてみてわかった。必要な関わり方
No.6
あなたの笑顔を取り戻そう!子育ての極意

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP