ブログ

足りないのは根性?睡眠?


こんにちは。
今新幹線に乗っています。
山形に向かっています (^^)

 

さて、思春期の子どもに
「ちゃんとやるって言ったじゃない」と
言いたくなる時のお話しです。

 

「ちゃんとやる」ことで
達成できるゴールについては具体的に共有できている。

特にそのゴールを達成することへの
抵抗があるわけでもない。

そんな時でも
「ちゃんとやれなかった」なら
何が起きているのでしょう?

 

こんな時のチェックポイントその3は
「その時の子どもの心身の状態が整っていたか」です。

 

心身の状態というとちょっと難しそうですが
よく言われる言葉だと
「心身のその時のコンディション」
「ステート」です。

一番短くて使いやすいので
「ステート」って書いていきますね 😛 

 

ステートは「その時の状態」なので
実はすぐに変わりやすいものです。

その子の「目標」や「思い」
何かをするための「技術」は
一瞬では変わらないものですが
その子の気分や体調は
もっと短い時間で変わますよね。

今いい感じの気分でいても
誰かに何か気になることを言われたら
途端に気分が変わりますし
その逆だってありますよね。

体調についても急に風邪をひくとか
あっという間に怪我をする
なんていうこともあったりします。

 

変わりやすいがゆえに
何か大事なことをする時には
このステートにも注意して
整えるようにすることが重要です 😉 

 

例えば、何度も世界大会で
優勝しているスポーツ選手が
今日オリンピック本番の舞台に立つとします。

きっと技術は金メダルに値する位充分ですよね。

そして目標=金メダル獲得に異論はありません。

モチロン全身全霊で「金メダル欲しい!」
「金メダルとれたら大満足!」

でも、その時に
「緊張しすぎている」とか
「パフォーマンスに集中できない」とか
「脚を怪我している」や「睡眠不足」
「充分に食事してない」などが
もしあったとしたら

「ステート」は整っていないことになります。

そのままで「ちゃんとやろう」としても
最高の結果がでることは難しいかもしれませんね。

ステートは変わりやすいくて
良い結果を出すことにダイレクトに影響を与えやすいんです。

 

最近はこのステートの大事さに
注目が集まってくるようになりました。

昔は
「本番で失敗するのは根性が足りない」
「本気でやりたいと思っていない」とか
責められることもありました  😯

でも今では「ステート」という概念が
広く知られるようになったので
スポーツ選手も本番直前まで
好きな音楽をヘッドホンで聞くことで
心の状態を前向きにするようにしたり
食事や睡眠管理などもしっかりするようになってきています。

 

スポーツだけでなくテストや発表会など
全ての”本番”では特に変化しやすい
ステートを整えることがとても大事です。

そして特に重要な”本番”でなくても
日々のすべてのパフォーマンスに
このステートが影響しています。

「ステート」というものを意識して
整えていくことで、実は
日々の生活の質が上がっていきます。

 

特に思春期の子どもは
ホルモンの関係で
夜更かしになってしまいがちです。

それで昼間の体調が整わないことがあります。

また、別のホルモンの関係で
感情が強く急激に変わりやすいので
「気分」も変わりやすいところがあります。

また、さらに別のホルモンによって
ある程度以上のストレスを受けると
大人よりも「鬱」状態になりやすいことも報告されています。

 

思春期の変わりやすい
「ステートを
整えていく}ことを
意識できれば

随分日々の生活が変わってきます。

 

そのためには、ステートの重要性を
まず子ども自身がわかることが大事ですね。

 

ここ数十年で脳や神経系について
様々なことがわかってきましたので
ステートの整え方もどんどん
新しく有効なものが出てきています。

個別にぴったりなものを見つけたいときなど
ご相談くださいね (^o^)/

 

追伸:
お昼には駅弁を買いました。
今日は「若鶏と彩り野菜のお弁当」です♡

 

今週のテーマのブログです
No.1 ちゃんとやるって言ったのに
No.2 なんで責められるの?
No.3 やりたくない子も仲間です

No.5 ほかのやり方もあるかな
No.6 大事なモチベーション

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP