ブログ

ワガママだからとあきらめないで!キレる子が安心する時

Pocket

おはようございます。
先日近所に買い物に行った時
自転車の籠に財布を入れっぱなしで
10分以上放置してました :mrgreen: 

 

さて、キレる子どものお話です。

 

キレる子に「その子なりの理由」を
聞こうとするのは大変です。

だって、すぐにキレてきますから 🙄 

きつい言葉で傷つけられるのは嫌ですよね。

 

では、それを乗り越えてでも
子どもに話を聞いてみる価値って
本当にあるんでしょうか?

 

キレられると誰だってムカつきます。

なのでキレる子は嫌がられます。

話もそこで終了です。

そこで丁寧にその子の
「本当に言いたかったこと」を
聞き直してもらえるチャンスがありません。

アタリマエですよね。

だってまたキレられるの嫌ですもん。

 

でも、キレる子は
そういう悪循環のなか
「本当に言いたいこと」が溜まっていきます。

そして
「誰もわかってくれない」という
本当はわかってほしい人への怒りと
「でも自分でも上手く言えない」という
自分への怒りがますます身体の中に溜まるのです。

 

一番いいのは丁寧に
その子が「本当に言いたいこと」を
表現するのを手伝ってあげることです。

 

キレる自分では
「本当に言いたいこと」が
わかっていないことがほとんどです。

例え自分の中に何かがある感じがしても
どうやってそれを
穏やかに表現にしたら良いのかが
わかっていない子ばかりです。

 

『家を出たい。ここは私の家じゃない』
とばかりキレて繰り返す子がいました。

お母さんもお父さんも兄妹も
そう言われてとても困ってました。

だってその子はその時には
病気があって絶対に一人では暮らせなかったんです。

 

でも、丁寧に丁寧にセッションで
気持ちを聞いていきました。

その子の「本当に言いたいこと」は

『自分が病気で家族が気を使っている。

食事にも気を使わせてしまってるし
みんなが自由に外にいけなくなっている。

申し訳ないので、自分が居なくなりたい』

 

それまでおうちの方は

『家を出たいなんて、わがままだ。
一人で暮らせるわけないのに。
家族がどれほど心配してるかわかってない』

と思っていらっしゃいました。

でも、その子の
「本当に言いたいこと」が
わかったら

『気を使ってくれてるのね。
大丈夫!
元気になってから
たっぷり恩返ししたもらうから 😉
早く治ろうね』

と、何度も言ってあげられるようになったんです。

その子はそれから安心して
「家を出たい。家族じゃない」と
キレることはなくなりました 😀 

 

その子の
「本当に言いたいこと」がわかると
そこから本当のやり取りが始まります 😀 

 

キレる理由は
家族についてのことも
学校での人間関係や勉強
身体の不調・・など
様々な場合があります。

それが分からないままでは
どうしたらいいのかお互いにわからなくて

気持ちがすれ違ったままなんです。

それでは、あまりにももったいないですよね。

 

直接話を聞くことが
厳しすぎる場合には
専門家も上手に役立ててくださいね
(^^)/

 

追伸:
スーパーでいざレジに行こうとしたら・・
陽気なサザエさんになっていたことに気づき
青ざめて自転車までダッシュ!!
平和な日本でよかった~~ :mrgreen: 

 

今週のテーマのブログです
「キレやすい子」とあきれめないで!子どもに笑顔をとりもどす方法
鉄則!キレる子どもにはワンランク上の対応で

見直そう!キレやすい身体を作っていませんか?
誰でもできる!キレる子に油を注がない必殺技
ご存知ですか?「キレる子こそ育つ」は本当です

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP