ブログ

まずは子どもが「話を聞ける状態」を作りましょう


おはようございます。
昨日掘りたてのたけのこをいただきました!

 

さて、反抗期の子どもの
上手な叱り方についてのお話です。

 

子どもが大失敗をした時に
大人として叱りたいことってありますよね。

その目的は「この先に子どもが
同じような状況になっても
自分で考えてより良い行動ができるようになること」です。

 

モチロン子どもの成長を
願ってのことなのですが
どうもうまく子どもに受け取ってもらえない・・

そんな時のうまく叱るコツってなんでしょう?

 

私はまず最初に
大人の伝えたいことを

子どもにしっかり聞いてもらう準備を
とても大事にしています 😀 

いくら良いことを言っていても
子どもが聞く耳を持っていないと
なんにもなりませんよね

話しを始める時にまず
子どもが話を聞ける状態を作ることを大事にしています。

 

そのためには、毅然としてはいても
できるだけ穏やかに話を切り出すことが有効です。

 

それは、人は誰でも
新しい情報を理解して受け止めるには
今は危険ではない」と感じていることが
どうしても必要だからなんです。

「今危険」な時には、誰でも
「逃げる」か「戦う」かという反応が
脳の最優先事項になってしまいます。

これは生物学上の
生き残りのための反応なのでものすごく強力です。

「今危険」だと感じていると
逃げるか/戦うかにエネルギーが集中されます。

それ以外のことについては
充分なエネルギーを回すことが
できない状態になるのです。

「今危険」だと感じていると
話されている内容よりも
「どうやってこの場を切り抜けよう」
だけが重要関心事項になってしまうのです 😕

 

大失敗をした時には基本
「怒られる」と既に
子どもは身構えている状態ですね。

例え自分がしでかしたことだと
反省の気持ちがあったとしても
叱られるとわかっていれば
「嫌だな」でいっぱいになっているでしょう。

早くこの場が終わらないかな、と
過剰防衛になりがちです。

話をちゃんと聞かずに
キレるのも引きこもるのも
過剰防衛の反応です。

 

かつては
「脅して何かを教え込む」ことが有効だ
と言われていたこともありましたが
それは
「恐怖を与えてある反射行動をさせる」だけになります。

そうやってある行動が身についても
なぜその行動が必要なのかを
本人が理解していることにはなりませんね。

 

なので、応用も利きませんし
恐怖を与えた人のことを
恨むことにつながります。

良い関係性なんて必要がなくて
反射的な画一行動が求められる
軍隊などではいい方法だったかもしれません 🙄 

 

子どもの大失敗に対して
大人だって怒りが湧くこともあると思います。

ただ、その勢いのまま
子どもを叱ってしまうことは
子どもの頭と心に
本当に必要なことが届かなくなってしまいます 🙁 

 

「怒り」は元々、望ましくない状況を
変えていくための行動を促すエネルギーです。

怒りが湧いてきた時には
一度深呼吸などして
ここからどういう状況に変えていきたいのか」を
イメージしてみるといいかもしれませんね。

本当に望むゴールを思い出すと
適した行動がしやすくなります。

 

子どもが大失敗をした時に
「重要なことじゃないふり」をしたり
機嫌をとったりすることは
モチロン必要ではありませんよね。

 

ただ、子どもに伝えたいことを
受け取れる状態になってもらうためには
まず話の始めに
「君を責めることが目的じゃない」
ということと
「「失敗の後始末」と
「今後の対策」について
一緒に話していく場だ」ということを
子どもにしっかり伝えられることが
うまく叱るための第一のコツになると思います。

 

先生
『なるほど。
まずは子どもの”聞ける”状態作りからですね:-D 』

 

追伸:
掘りたてたけのこはアクもなくて甘いです。
美味しいたけのこ汁をタントいただきました♡

 

今週のテーマのブログです
No.1 思春期の子どもの上手な叱り方のコツ

No.3 思春期の「自分なりの考え」を尊重して育てていきましょう
No.4
まず子どもから「自分の思い」を話してもらいましょう
No.5
「引き出す関わり」で子どもの力を育てましょう
No.6
「子どもを叱る」のは大人のお仕事

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP