ブログ

子どもと一緒にいることで、自然にできてたものとは?

Pocket

こんにちは。
パソコンが大きくなったので
仕事用の新しい机を買いました 😀 

 

さて、うちの子のことが
わからなくなっている時代のお話です。

 

うちで一緒に暮らしてる我が子なのに
考えてることがわからないって
不思議な感じですよね~

でも、今そう感じている方が増えてるんです!

 

それを作ってる時代の変化の一つ目は
家族がみんな忙しくなったことです。

 

家族で一緒に過ごす時間が少なくなってるので
お互いのやっていることを見たり
会話をする機会がどうしても減っているんですね

見えない、話さないではどうしても
お互いのことがわかりにくくなっちゃいます 🙁 

 

みどりさん
『そういえば、うちも
私が思春期だった頃よりも

親も子どもも忙しいですね~』

そうなんです。

今はどの学校でも宿題の量と
部活の時間が増えています。

 

塾や習い事も、低学年から
通う日数と時間が増えてきています。

特に塾は
受験技術がより高度になってきているので
加熱傾向にあるようです 🙄 

 

大人も忙しくなっていて
さらに子どもも
授業後が忙しくなってます。

家族で一緒にテレビやDVDなどを見る・・・
という時間がとれなくなってきてますし
そもそも家族で夕食や朝食を
一緒にとれる家庭も減ってます。

 

忙しいとどうしても
顔を合わせた時には
連絡事項を伝えることが優先になりますよね。

改めて考えてみると
連絡事項のやりとりで

なんとなく言葉をかわしているようでも
そういえばお互いの
「感情」や「考え」のやりとりまでは

してないな~ってことありませんか:-( 

 

日頃から同じ場所で
一緒に過ごす時間があれば
なんとなくお互いの
いつも言ってることや

自然にやってることが見えますし
日々の変化もわかりますよね。

今調子がいいとか
ちょっと元気がないな~とか自然に伝わってきますね。

ちょっとした子どもの話から
よく出てくる友だちの名前や
興味のあることもわかったりします 😉 

そこから気持ちや考えを
ちょっと尋ねることもしやすいものです。

 

でも
そんな機会が自然に少なくなってれば

そういえばうちの子・・、と思った時に

『今うまくいってる?
困っていることない?』とか
『どんな友達といるの?』とか

子どもに声をかけることになりますよね。

 

でも、思春期にもなると子どもは
『別に・・・』という返事で
終わらせることも多くなります 🙄 

 

思春期の子どもから
本音や感情を引き出すには
それなりの準備?前フリ?が必要です。

子どもの年齢が上がるほど
向こうから大事な相談をしてくる時でも
ひとしきり無駄話をしてから
最後に『大したことないんだけど』と
本命の話題を持ち出してくるようになるものですから 🙄 

 

この一見無駄みたいなやりとりが
感情や本音のやりとりには大事なんですね~

ちょっと前までは
お父さんは家にいる時間が少ないので
このやりとりが日頃から十分にできなくて

家族の輪の中に入りにくい・・・
というお悩みがあちこちでありました。

でも
みんなが忙しくなったイマドキでは
そもそもその”家族の輪”を作ることが
難しくなっているんです 😯 

 

つい忙しくての
連絡事項のやりとりだけでは

お互いについてわからないことが
どうしても増えてきます。

短時間でも意識して
子どもの顔や動作の変化をチェックしたり
心がつながるような
コミュニケーションができるといいですね 😉 

 

明日は
ひとつ屋根の下なのに家族が同じところに居ない時代」
というお話です
(^^)/

 

追伸:
新しい机は組み立て式です。
まだ半分しかできてませんが
今の机より50cmも長いので楽しみです~

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもがわからないのがアタリマエな時代?!
家族でもわからないことが増えてる3つの理由とは?

ひとつ屋根の下なのに「同じところに居ない」時代の家族とは?
ひとつ屋根の下なのに「見えない」家族の時代とは?
家族のつながりを強くするちょっとしたコツ

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP