ブログ
  • HOME »
  • »
  • »
  • 初めての出産で頑張った?・・・というお話

初めての出産で頑張った?・・・というお話

Pocket

初めての出産 陣痛初めての出産! のお話です。

 

これぞ陣痛!という痛みが来て
夜にあわてて産院に行った私ですが
そこから出産までには
16時間以上もかかりました。

 

私が初めての痛みに耐えながら
分娩台に乗った時には

隣でもう頑張っている
妊婦さんがいらっしゃいました。

その方はわりと賑やかに
『痛い~!!!!』
『なんとかして~!!』と
何度も繰り返し叫んでいました。

 

それを聞いて私が
『あんな風に声を出すと

ちょっと楽になるのかな?』
と企んだその矢先

まるで見透かしたかのように
看護婦さんが

『お腹の赤ちゃんだって
頑張ってるのよ!!』と
ビシっと声をかけました。

 

(゚д゚)『そうか~
赤ちゃんが頑張ってるんだから
痛いと言ってはいけないんだ 』

変に素直な私はそこから16時間
一言も叫ばずに頑張りました。

 

初めての出産 お産すぐに隣の人も居なくなり
音のない真夜中になりました。

看護婦さん達も忙しかったのか
一人で分娩室に居た時間が
けっこう長かったように思います。

し~んとした広い部屋で
一人で黙って痛みに耐えながら

見ていたタイルの床は白かったです。

 

やがて朝が来て
昼ころになって・・

ようやく『そろそろかもね』と
看護婦さんから言ってもらいました。

 

当時その産院では
お父さんが出産に立ち会うのが
流行っていました。

仕事先から呼ばれた夫が
見守るなか

 

おぎゃ~っ!!!

 

。・゚・ヽ(´∀`)ノ・゚・。

 

ついに第一子、長男が
無事に生まれてきてくれました!

 

その声を聞いた時には

「命」が生まれた!

私にもそんなことができたんだ!

と、生命の不思議に心が震えました。

 

初めての出産 赤ちゃん小さな赤ちゃんを
夫がぎこちなく抱いているのを見て

ずっと私のお腹にいたのは
まぎれもない一人の命だったんだ

本当に私とは別の命だったんだ!

あらためて思い
とても厳かな気持ちになりました。

 

 

少し休んだ後で
『初産だから一人で居るより
他の人と一緒の方がいいですよ』

とお医者さんからオススメされて
私は5人部屋に入ることになりました。

 

そしてその部屋に行く途中に
付き添ってくれた看護婦さんから一言。

『あなたみたいに我慢強い人は
珍しいわね~

一言も痛いって言わなかったでしょ』

 

え、なんですと~?? Σ(゚Д゚)Z

もっと自由で良かったんですか ?!

 

~~\ (ΦωΦ)/ ~~

 

初めての出産 寝るさらに脱力した私は
自分のベッドに倒れ込むと
爆睡したのでありました。

 

「産しの極楽」に続きます 😀 

 

追伸:
お産って不思議ですね
とても痛かったことは
覚えているのに
どう痛かったのかは
ちっとも思い出せません。
また命を紡げるように
そんなシステムになってるんでしょうね

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチの誕生ストーリーその5:子育てが始まった!お話

「産しの極楽」をさせてもらった・・というお話
さらに思いもかけない展開が待っていた・・というお話
新しい生活に気合を入れて頑張った・・というお話
元気にあふれた長男と、2年半で出産模様も変わる・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP