MENU

ひとつ屋根の下なのに「見えない」家族の時代とは

Pocket

こんにちは。
今日は大好きな茄子を大量に買ってきました
秋ナス♡♡♡

 

さて、うちの子のことが
わかりにくくなっている時代というお話です。

そうなっている時代の変化の3つ目は
個別化です。

 

人は同じ場所に居て
人がやっていることを見ていると

相手の気持やふるまい方や
大切にしてることが
なんとなくわかるようになります。

 

でも、イマドキでは
家族でもみんなが忙しくなったので
そもそも同じ場所に居なかったり

せっかく一緒に居る時でも
それぞれスマホをいじってたりして
お互いのことを意識してる時間が
とても少なくなっています。

家族でも同じ場所に居る時間が
いつの間にか少なくなっているんです:-( 

 

そしてそして、さらに、です。

自分の部屋とか
自分のスマホという
「個別化」がどんどん進んできています。

そうなると、一人ひとりが別々の
「自分の世界」に居るようになります。

お互いのいる世界が独立しているので
”見えない”んです。

 

なんと私たちは気がつかないうちに

家族でもお互いの世界が見えなくなっているんです

(゚д゚)!!!

 

例えばあなたが思春期の頃には
友達からの電話で話す時には
家の電話の子機を使ってませんでしたか?

 

そんな時には
一度家族の誰かが電話を受けるので
誰から誰にかかってきた電話で
どんな雰囲気なのかは
なんとなく家の人にも伝わってましたよね。

そして子機に切り替えて
自分の部屋で話をしていても
使用ランプがついてたので
どれくらい話してるのかも家族に見えてました。

あえて説明しなくても
家族にもどんな名前の子なのか
だいたいどんな関係なのか・・・は
伝わってしまうものでしたよね ☆

子どもがしている体験を
なんとなくでも親はわかっていたんです。

 

時にはあとから
『さっきの○○君ってどんな子?』とか
尋ねられちゃったりして・・・ 😳 

 

でも、イマドキでは
電話も直接本人の携帯にかかります。

いつ、誰と、どんなふうに
どれくらい話しているのか

家族にもさっぱりわかりません。

 

ましてやメールやチャットになれば
目の前でスマホをいじっていても
ネットサーフィンしてるのか
誰かとチャットしてるのかさえ
家族からはわかりません。

体験の端っこも共有できないので

子どもの人間関係と今の状況が
家族からずっと見えにくくなっているんです 😯 

 

また、テレビやDVDも
リビングで見ていれば
お互いがどんな番組を好きで
どれくらい見ているのかもわかりますよね。

しっかり見てない人でも
なんとなくどんなものかもわかるので
会話での共通の話題にすることもできました。

 

でも、一人ひとりがスマホで
youtubeや個別の番組など
全く違うものばかりを見ていると
そもそも誰が何を見てるのか
さっぱりわかりません。

子どもが何をオモシロイと思っているのか
どんなことが好きなのか

それも見えにくくなってます。

 

時には
自分が面白いと思うものについて
家族と盛り上がりたいと思っても
そもそも
「それがどんなもので何が面白いのか」から話すか
相手にわざわざ見てもらうことになります。

めんどくさいな~
家族に話さなくてもいいか~ってなりますよね~ 🙁 

 

10年位前までは家族なら
あえて言葉にしなくても

「一緒に使っていたもの」があったので
家族のそれぞれの情報や興味が
なんとなく伝わっていました。

でもイマドキでは個別化で
家族でもお互いの情報や興味が
見えにくくなっているんですね。

 

いつの間にか私たちは
家族のことが見えなくて
お互いがわからないことが
アタリマエになっていく世界にいるようです

(゚д゚)

 

また明日に続きます

 

追伸:
結構な茄子好きの私としては

嬉しい秋の到来です♡
今年の夏は天候不順だったので
高値不作だったナスですが
今からが楽しみです~ 😀 

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもがわからないのがアタリマエな時代?!
家族でもわからないことが増えてる3つの理由とは?
子どもと時間を過ごすことで、自然にできてたものとは?
ひとつ屋根の下なのに「同じところに居ない」時代の家族とは?

家族のつながりを強くするちょっとしたコツ

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください