ブログ
  • HOME »
  • »
  • »
  • 全く新しい次元に足を踏み入れることになった・・というお話

全く新しい次元に足を踏み入れることになった・・というお話

Pocket

全く新しい 次元全く新しい 次元が始まるお話です。

 

5月の末になって
私は精密機械製造の工場で
働くことになりました。

私は当時はレアだった
「パソコンをいじれる人」
という枠だったらしく

なんと入社日に
工場長にNECに連れて行かれて
私専用のパソコンを1台ど~んと
買ってもらいました 😯 

そして、数カ月後に
取引先のフォード社から
視察がやって来るから
品質管理の資料を作るよう言われたのです
(゚д゚) ハイ?

 

キャノンの人事と同じくらい
この工場長も豪胆というか
思い切りのいい方でした
(・ω・)/ アリガトウゴザイマス

 

まだウィンドウズもない頃です。

実は、日本語ワープロには詳しくても
パソコンの専門言語については
見事なくらい、さっぱり?だったんです
(^_^;)>

 

それでも毎日懸命にいじってるうちに
努力して

なんとかグラフを作れるようになり
どうにかこうにか
工場長の心意気に応えることができました

(^_-)

 

全く新しい ひらめきそんなこんなしているうちに
あっという間に6月になりました。

 

ある日私は『もしや?』と思い
産婦人科に行きました。

 

『おめでとうございます。

1月の末が予定ですね』

 

ええっ!!!
(✽ ゚д゚ ✽)

 

結婚もしたし
子どもも欲しかったし
自分で産婦人科に行ったのに

自分が母になることを
全くイメージできなかった私は
びっくり仰天しました。

 

母をなくしてから
ガキガキになっていた私の心にも
衝撃が走りました。

 

このお腹に別の命がある?!??

 

私は母親というものになる???

 

それでいいの? 神様

 

全く新しい ぐるぐるグラグラしながら
家に帰りました。

 

大事件!と思って
まだ庭仕事をしていた
お義父さんとお義母さんに
急いで報告しました。

 

あ、赤ちゃんがいるらしいです!
(*°∀°)=3

 

ほう

 

・・・え?

 

その後、おばあさんに言っても
同じような反応でした 😯 

 

 

あとで考えたら
もっと安定するまで
私に負担をかけまいとする
三人の心遣いだったんですね。

 

でも、私は
ワクワクと不安を
一人でどうしたらいいのか分からず

夜遅く夫が帰ってくるまで
自分の母のことも思い出しながら

熊みたいにずっとウロウロしてました。

 

 

全く新しい 赤ちゃん佐藤家では丁度
夫のお姉さんたちが
それぞれ赤ちゃんを1年違いで
産んだばかりでした。

でも歳の近い親戚も居なかった私には
”赤ちゃん”というのは”異星人”くらい
接近したことのない存在だったんです 😉

予想もしていなかったのに
いきなり異次元で未知との遭遇!

みたいな気持ちでした。

 

来週に続きます
(^o^)/

 

追伸:
産婦人科からの帰り道
「私は一人じゃないんだ」
と、突然思いました。
暖かいような不安なような・・
今でもその場所を通ると
その時の興奮を思い出します
(^^)

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチの誕生ストーリーその4:結婚と母と、母になるお話
披露宴で、母に花束と感謝を伝えられた・・というお話
人生における強烈な体験が続けて起こった・・というお話
母が突然いなくなって、一人で私が思ったこと・・のお話
田んぼの端っこで、大声で叫ぶことになる・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP
Copyright © 思春期の生きる力コーチングカレッジ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.